74 Lab

Labの研究内容のヒント・・・

夏休み、最終回、あだち充

物語の最終回が苦手です。
年をとったからかと思いましたが、
よく考えたら昔からです。
特にマンガが多いんですが。
 
思い出すのは幼稚園のころ
楽しみに見ていた「いなかっぺ大将」のアニメが
終わったとき、とても胸がつまって
どうしようもなかったことがありました。
泣けばいいのかなんなのかよくわからず
ただ苦しくて困ったのでした。
 
高校生のころ「めぞん一刻」の漫画が終わって
その晩眠れなくなってしまいました。
寝つきの良い私にはとても珍しいことです。
なんか、今まで積み重ねてきたものを思い返すような
エンディングがとてもぐっときてしまうようです。
とてもバカバカしい話が多かった前半が
かえってその気分を増幅します。
 
社会人になってたまたま借りてきた
猟奇的な彼女」の映画でも
なんとも苦しくなってしまいました。
内容は覚えていないのですが・・・
生きているうちのある判断で
永遠に会えなくなってしまうことの寂しさ
みたいなことを感じたような気がします。
 
普段はそれほど感傷的なわけでもないんですが。
卒業式とか悲しくなかったですし。
 
しかし例がなんとも恥ずかしいものばかり。
 
〜〜〜〜〜
 
この間メディア芸術祭の展示にいったとき
マンガ部門のネームや下書きを見て
紙にキャラクターとセリフを描くと
突然世界が立ち上がる、ということに
今更気付いたわけですが、
 
最終回の苦手さはその世界が終わる、
ということからくる喪失感みたいなもので、
よくいう〜〜ロスというようなことかもしれません。
そして、
なにもかもいつかは終わる、とうことを思い出す
からなような感じです。
もっと色々ありそうですが。
 
〜〜〜〜〜
 
ちょっと話が変わりますが
 
夏休みになるとどうも気分が落ち込みます。
思えば十数年前にひどい時がありましたが
可能性がないと感じるような、
閉塞感とでもいいましょうか。
いや、仕事を頼りに過ごしてるので
なくなった喪失感だったりして。
 
 
・・・そんなとき
最終回的なものにあたろうものなら
やばいのです。
 
〜〜〜〜〜
 
昔からあだち充が大好きというか
初めて買ったマンガがタッチで、
その後ほとんどの単行本をかき集めて、
なんども何度も読み、
それしか漫画を持っていなかった時代が
あるような、特別な漫画家です。
 
その後
大学生のころちょっと周辺の環境を変えたくて
一気に漫画の整理をしてすべて手放したのでしたが、
社会人になってからまた買い始め、でも
またちょっとしたきっかけで買わなくなったり
しておりました。
 
〜〜〜〜〜
 
ここまで前置きです!
 
先日(2018年8月)
あだち充本」が出ていたので買ってきました。
それを見ていると、様々な最終回や
読んでいたころの自分を思い出して
なんとも切ないような気分になっております。
 
疲れた夏休みに
昔さんざん入り込んだマンガの
最終回的なこと、キャラクターや作者の分岐点。
 
やばい。
 
普段は、苦しいのでこの感情には
あまり深く入り込まないようにしているのですが
この悲しさに向き合ってみるのも
実は面白いのではないかと、つらつら書いてみました。
 
怖いけれど、あらためて読んでみようかしら。